ダイエットに効果的な運動

ダイエットを継続させる方法や効果的な運動のやり方

ダイエット,効果的,運動

 

今までダイエットに挑戦してきた方の中には、きつい運動に耐えられなかったり、体重が減らずに途中で飽きて止めてしまったりという方も多いと思います。そこで、ダイエットを継続させる工夫の仕方や効果的な運動の取り組み方について紹介してみます。

ダイエットを継続させるにはペース配分が大事

ダイエット,効果的,運動

 

ダイエットを始めたばかりの頃によく見られるのが、最初から飛ばしすぎて体力を消費してしまうことです。そうすると、長時間の運動が行えなくなったり、辛いと感じて挫折することに繋がってしまうので、ダイエットの運動をする際はペース配分を考える必要があります。

 

ペースを無視した運動は、直ぐに体力の限界に近づいてしまうので、分単位でのペース配分を行うことが必要になります。

 

先述の通り、最初は誰でも体力の限界やペースの目安を知らないので、飛ばしてしまったり自分はまだまだできると思いがちになります。勿論、失敗は間違いに気が付く良い教材になるので、間違いながら正解を見付けるのもありでしょう。

 

そこで、1分あたりの心拍数は体力の限界を探る指標となるので、心拍計を付けて普段のペースを把握することがまず欠かせません。体力は一人ずつ違うので、ペースに絶対的な正解はありませんが、有酸素運動の場合は1分間の心拍数が120〜140あたりだと効果が高まります。

 

ペース配分が正しく行えると

絶妙なペースで運動を行うことができれば、心地良い疲労感と残りの体力の余裕が感じられるはずです。また、やり終えた後の達成感も今まで以上のものになるので、継続できる体力に合わせたペース配分が不可欠になります。

 

そして、ダイエットの達成感が得られると明日以降へのやる気にも繋がるので、自然と継続することができるようになるのです。

ダイエットを継続させる飽きない方法

ダイエット,効果的,運動

 

ダイエットのために行う運動は、繰り返し同じ動作をするトレーニングが多く、特定のトレーニングばかりを集中的にやり続けると飽きてしまいます。また、達成感のある無酸素運動の筋トレも、セット数を増やしすぎればマンネリを感じ、つまらなくなってしまうでしょう。

 

飽きてダイエットを止めないようにするために、以下のような工夫をすると良いでしょう。

 

鍛える部位変える

体も新鮮味が感じられる刺激を求めるので、目標のセット数ごとに運動の内容を変えることが大切になります。例えば、上半身を鍛えたら次は下半身のトレーニングに取り組むなどのように、腕や腹筋、背筋、脚の全身を満遍なく鍛えることが、理想的で飽きないトレーニングのコツとなります。

 

室内だけにならないようにする

ダイエットをしている方の中には、?せようと努力しているのがばれると恥ずかしいという理由で、室内運動だけをしがちになってしまいます。しかし、室内運動ばかりだと風景に飽きてしまうので、外出して屋外運動に取り組むと気持ちの切り替えをすることができます。

 

また、屋外は風や陽の光など自然を感じる要素が多く五感に刺激を与えてくれるので、新鮮味のある運動が楽しめます。

 

有酸素運動も様々なものに取り組む

単調になりがちな有酸素運動は、ウォーキングからジョギングスタイルに切り替えたり、自転車などを使った運動もしてみると変化が感じられるようになります。また、今までやった経験のない運動に取り組むことで、新たな発見や新しい体の使い方に気が付くこともできるでしょう。

 

新しい運動を知ると組み合わせの幅が広がるので、単調に感じられたり飽きてきそうになったら他の運動を始めるのがおすすめです。

ダイエットを効果的にする運動のやり方

ダイエット,効果的,運動

 

運動は、大きく分けて無酸素運動と有酸素運動があります。そして、それぞれ特徴に違いがあり、組み合わせることで相乗効果が発揮されて効率良くダイエットすることができます。

 

無酸素運動

無酸素運動は、筋トレや短距離ダッシュなどの高負荷な運動が中心なので、筋力をアップしたり強化したい場合に適しています。筋力アップのために行う筋肉トレーニングは、セット数でトレーニングする回数を決めたり、筋肉の部位ごとに順番に鍛えられるのが特徴になります。

 

また、特定の部分の筋肉を増やすのに向いているので、一部を集中的にトレーニングする鍛え方といえるでしょう。

 

有酸素運動

有酸素運動は、低負荷から中負荷の運動が中心で、慣れると30分〜1時間程度続けられるのが特徴です。有酸素運動には、速く歩くウォーキングやプールで泳ぐ運動があり、体全体を使った全身運動になるのが特徴的です。

 

また、持久力などの体力をアップさせる効果をもたらし、全身の代謝効率の向上に効果が期待できます。

 

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせる

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせることで、より効果的に新陳代謝が向上します。また、血流が改善されて体脂肪の燃焼効率が高まるので、健康的でスリムな体型を手に入れやすくなります。

 

特に、運動しても中々体脂肪が燃焼しないという場合は、有酸素運動に力を入れて取り組むと効果が現れやすくなります。有酸素運動である程度体力を付けてから無酸素運動を取り入れることで、新陳代謝が高まり理想的な体に仕上がります。

効果的にダイエットするには筋トレはしない方が良い?

ダイエット,効果的,運動

 

ハードな筋トレは、筋肉の他に脂肪も付きやすくなるので、筋トレだけに取り組むのはダイエットを前提とするなら間違いになります。また、筋トレをやりすぎると体を痛めて中止せざるを得なくなったり、筋肉が分解されて体脂肪の燃焼効率が落ちる問題もあります。

 

ダイエット目的のトレーニングをする際は、有酸素運動の方が圧倒的にダイエットに向いているので、運動の配分的には有酸素運動が6〜7割りで残りを筋トレに充てるのが良いでしょう。筋トレは、特定の筋肉ばかりを鍛えるよりも、普段あまり使わない筋肉を含めて全身を満遍なく鍛えた方が効果的になります。

 

インナーマッスルを意識した筋トレは、代謝に大きくかかわる体幹の筋肉が鍛えられます。それにより、効率的に新陳代謝が向上するので、ダイエットで体脂肪を燃焼したい人におすすめのトレーニングになります。

 

筋トレは栄養補給などのケアが大切

筋肉トレーニングで筋肉を疲弊させた後は、栄養補給をしてケアを行わなければ逆効果になることもあります。筋肉トレーニングをした後は、筋肉は傷ついているので修復しようとします。その際、筋肉の材料になる栄養が不足すると、自分自身を分解してエネルギーにしてしまうのでしぼんでしまうのです。

 

また、筋トレをした後だけでなく、筋トレの前にも栄養補助をすることでトレーニングをする際のエネルギーになり、トレーニング自体の効果を高めることにも繋がります。筋トレ前後の栄養補給は、そのくらい重要なことになります。

 

その際、プロテインは筋肉の栄養補給にとても効果的なので、トレーニングとプロテインの飲用を組み合わせながらダイエットに取り組むのがオススメです^^

フレッシュプロテインスムージーのご購入はこちら!トップページへ食事制限は我慢できない方、キツイ運動は続かない方はトップページのフレッシュプロテインスムージーの詳細も確認してみてください。